Heaven+Hell masters
studioimage bluebar
HOMEPRICESTUDIOENGINEERSblogCONTACT
ご発注から納品までファイルの転送方法マスタリング素材の作成についてマスタリングとは?CDの曲名を表示させるにはクレジットについてencodefaqbluebar

マスタリングとは?

マスタリングは最終的に音質・音圧を調整し、曲順、曲間、フェードイン・アウトなどを設定し、マスターを作成する作業を指します。
CDをプレイヤーに入れて聴く場合、1曲ごとに音圧がバラバラでは、その都度ボリュームを調節しながら聴かなければいけません。それをマスタリングで揃える事によって1枚通して同じような音量で聞けるようになります。
また、iPodなどで色々なCDをシャッフルで聴く場合でも、だいたいの音量は揃っているはずです(もちろんCDごとに多少の音量の差はあるでしょうが)。 それはマスタリングによって、だいたいの音量・音圧にそろえられているからです。
音量・音圧を揃える際に出すぎた低音をトリートメントしたり、若干引っ込み気味のヴォーカルをクリアーに聴こえるように処理したりもいたします。現在の音楽シーンではこの音質の最終調整が重要なポイントとなっているので、マスタリングのクオリティが非常に重要視されています。

実際そんな事はめったにありませんが、マスタリングされないままリリースされるとiPodに取り込んだときに自分の曲だけ音量が小さい、と言うような事態になってしまいます。
また、質の悪いマスタリングを施すと、やたら音圧が高く、ダイナミクスの無い平坦な仕上がりになったり、逆に音圧が無さ過ぎて細いサウンドになってしまったりします。

また、マスタリング=音圧調整と勘違いされている方も多いのですが、音圧調整というより全体的な音質の最終調整であると共にダイナミクスの調整であると言えます。

基本的にはマスタリングでは、MIXの印象を変えてしまうような処理は行いません。あくまでマスタリングはMIXの延長線上に存在するものです。
どうしても大胆な処理をお望みの場合には、ご要望に応えるべくベストを尽くしますが、その際にはどういう変化をお望みなのかなるべく細かくお伝えください。

studioimage
bluebar
Copyright Heaven+Hell. All rights reserved.
Heaven+Hell masters, Tokyo Japan
特定商取引方に基づく表記